Share

M&A・事業承継コンサルティング

まずは、会社の価値を客観的に評価してみませんか。

今、多くの経営者の方が世代交代の時期を迎えていますが、「後継者不在」という場合も多く、事業存続にとって重要な問題となっています。しかし、身内や社内に後継者がいなければ、友好的なM&Aにより第三者に事業を継いでもらうという方法があります。まずはM&Aについて正しくご理解いただき、実際にご売却するかはともかく、会社の価値を客観的に評価されてみてはいかがでしょうか。

後継者がいない皆様へ

後継者不在は多くの経営者の悩み

今、多くの経営者の方が世代交代の時期を迎えています。しかし「後継者がいない」「適当な候補者がいない」などの理由でうまく承継ができず、残念な事に廃業に追い込まれてしまうケースもあります。
これは単に身内・社内等に後継者がいないというだけでなく、経営を取り巻く厳しい環境の下で事業を継ぐには以前にも増して高い資質が要求されるようになってきているという背景があることも大きいでしょう。

「M&A」という選択肢

身内や社内に後継者がいなければ、第三者に事業を継いでもらう「M&A」という方法があります。M&Aは決して企業だけのものではなく、友好的なM&Aが中小企業でも数多く行われて、経営者の方が安心してリタイアされるケースもたくさんあります。M&Aについてよくご理解いただき、事業存続のための選択肢のひとつとしてご検討ください。

M&Aのメリット(主な例)

【売り手企業】 【買い手企業】
企業の存続 速やかな事業展開・異業種進出
経営者が安心してリタイア ノウハウ・ブランド・マーケット・人材の確保
従業員の雇用維持 スケールメリット
資金投入による企業再建 投資コストの低減
2つの企業の相互効果による再編・発展

「事業承継」に関するご相談を受付中

身内や社内の人間に引き継ぐか、それ以外も視野に入れて検討するかまだ検討中というケースも含め、事業承継についてお悩みのことがありましたら、まずは一度ご連絡いただければ幸いです。高崎総合コンサルタンツではグループ内の税理士法人合同会計とも連携をはかり、「相続対策」から「M&A」まで、広く「事業承継」に関するお悩みにお応えいたします。

どんな事でも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。027-347-0993 受付時間 月~金 9:00~17:00
メールフォームで問い合わせ・資料請求